届いた状態の写真です。宜しければお使いください。

 

f:id:sukoyka-kanpo:20170404141603j:plain

 

f:id:sukoyka-kanpo:20170404141618j:plain

f:id:sukoyka-kanpo:20170404141613j:plain

f:id:sukoyka-kanpo:20170404141622j:plain

f:id:sukoyka-kanpo:20170404141626j:plain

f:id:sukoyka-kanpo:20170404141635j:plain

f:id:sukoyka-kanpo:20170404141639j:plain

f:id:sukoyka-kanpo:20170404141241j:plain

f:id:sukoyka-kanpo:20170404141246j:plain

f:id:sukoyka-kanpo:20170404141250j:plain

 

f:id:sukoyka-kanpo:20170404141258j:plain

 

 

30代以降の妊活には卵子のエイジングケアが必須

30代以降の妊活には卵子のエイジングケアが必須

 

卵子は30代を過ぎたころから老化が顕著に起こるといわれています。

 

実際、40代を過ぎてしまうと妊娠する確率はどんどんゼロに近づきます。

 

細胞の劣化の大きな原因は酸化です。

それもやり方が大事だと思います。

・抗酸化成分を体内にいれて活性酸素を減らすか?

・内側に働きかけて細胞の抗酸化作用を引き出すか?

 

一般的には前者しかありませんが、

BACK10は後者です。

その効率が全然違うと考えられます。

目に見える効果が認識しずらい分、信じて飲んでいただくことが必要です。

 

現にご利用者で50歳で婦人科で採卵している方もおられます。

 

 

192abc.com

BACK10の動画です。

BACK10の動画です。

 


BACK10/バックテン CM

アマゾンで「抗酸化サプリメントほしい物ランキング」6位でした。

アマゾンで「抗酸化サプリメントほしいものランキング」6位でした。

(2月26日18時現在)

 

大手様に紛れながらも頑張らさせていただいております(笑)

(尚、アマゾンでは粒タイプを6,800円にて販売しております。)

 

f:id:sukoyka-kanpo:20170226185409j:plain

飲みやすさのために粒と粉末をご用意しました!粒と粉末の違いについて・・

心を込めておつくりさせていただいた商品です。

ですので、より飲みやすくすることもご愛飲いただくひとつの手段だと考え、

粒タイプと粉末タイプの2種類をご用意させていただきました。

 

お客様によって「粒が飲みやすい」「粉が飲みやすい」など好みが分かれるようです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

f:id:sukoyka-kanpo:20170226175108j:plain

〇粒のメリット

・粒が小さいので飲みやすい

・携帯に便利・安心感がある

・クリックポストなら送料は無料。

 

〇粒のデメリット(?)

・ご常連様は粒より粉末の方をお好きな方が多いようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

f:id:sukoyka-kanpo:20170226175128j:plain

〇粉末のメリット

・粉の方が漢方っぽくてよいというお声が多い。

・季節によって配合バランスを変えるなどの微調整をしている。

・自家製なので新鮮で風味が良い。

・手作業による製造工程が入るので、月に200本程度と数に限りがあり、

 限定感がある。

 

〇粉末のデメリット

・手作業による工程が入るのでお値段が320円ほど上がる。

・宅配便(福山パーセル便)を使うので別途送料360円(税込)がかかる。

・粉末中に生薬の微片が入ることがある(お飲みいただく分には何ら問題はございません)。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

粒と粉末の初回モニター価格は同じですが、粉末は自家製および数量に限りがある分、定期コースのお値段が少し異なります。

 

〇粒タイプ定価7,800円

初回モニター2,980円(税込・約60%引き・クリックポスト送料無料)

2回以降4,800円(税込・約40%引き・クリックポスト送料無料)

 

〇粉末タイプ定価8,300円

初回モニター2,980円(税込・約60%引き・宅配便送料360円)

2回目以降5,300円(税込・約40%引き・宅配便送料360円)

 

 

また、それぞれ

「初回モニターに引き続き、最低1回の定期でのご購入」の

お約束がございます。

 

 

 

 

BACK10における他商品との差別化

今回は他商品との差別化についてお話させていた

だきます。

f:id:sukoyka-kanpo:20170217164953j:plain

 

・スイッチに働きかけ、それが入り続けるので高効率

これは当商品の大きな特徴です。

 

一般の抗酸化商品は「口に入れた分の成分が抗酸化作用を示す」ものです。

つまり成分そのものが抗酸化作用を示すものです。この入ったものが直接作用を示すやり方を「スカベンジャー」といいます。水素サプリ、水素水、ポリフェノールピクノジェノールなどすべてこちらです。

※スカベンジャー:活性酸素を捉えて無害化すること。捕促剤の数の分だけ活性酸素を捉えます。そのため抗酸化のためには膨大な量を用意しなければならず、効率はあま良くありません。参考URL:スカベンジャーとは

 

一方、BACK10は「その成分が体内の細胞の抗酸化能力を呼び覚まし、目覚めた細胞がその能力を発揮することによって抗酸化作用を示す」というものです。これはスカベンジャーではありません。

 

このやり方の違いは、「女王蜂」と「働き蜂」との関係に似ています。

つまり、働き蜂は蜜を集めたり直接仕事をします(ここでは抗酸化能力)。これは数が多ければ多いほどよい効果を発揮します。

 

つまり働き蜂の数(取り入れるスカベンジャーの数)が多ければ多いほどいいのですが、口から入れる量には限界があります。

 

一方、女王蜂は直接蜜を集めるなどの仕事をしません。その代り、非常にたくさんの働き蜂を産むことができます。

 

ここでもし大きな仕事をしたい時は、どうでしょう?

たとえば10万匹の働き蜂に働いてほしいとき、10万匹分の働き蜂(抗酸化成分:スカベンジャー)を直接用意するのと、10万匹を産む女王蜂を1匹用意するのではその効率性の差は一目瞭然です。

 

たとえば(リターンケアとまで言えるような)エイジングケアをしたい場合、女王蜂(BACK10)を摂った方が簡単に大きな仕事ができるということです。

これがBACK10と他商品の大きな違いです。

 

なぜ、薬剤師にこのような商品が作れたのか?

といわれれば、そのような訴求をしている製品を複数取り寄せ、臨床的な試行を繰り返し、別成分で同等かそれ以上のものを作ったということです。

 

ですので、客観的なデータの表示はできませんが、効果としてのご実感のお声は多々いただいております。

 

面白い例として、血液の血小板増多症という難病の方が本品を飲むことによってご病気をコントロールしているという方がおられます。

これは血小板は酸化ストレスによる活性酸素の増加が血球の分化(生成)のきっかけを作っているのですが、それを抑えることにより分化(血小板の増加)を抑え続けているということです。(※具体的な病名の表記や治癒の標ぼうは薬事法的に問題がございますのでお控えください

 

このようにBACK10は抗酸化という科学的なアプローチを漢方生薬の特性を応用して開発させていただき、かつユーザー様に効率よくご実感いただけるという特徴をもった商品です。

 そういうわけで、多くのユーザー様にはモニター価格にてお手に取っていただき、目先の変化だけにとらわれず、抗酸化の意味をできれば長い目でご納得していただきつつ、独自性のある抗酸化サプリメント【BACK10】をお飲みいただくことを願っております。

 

 

 

 

 

 

実感の仕方に傾向や違いはあるの?

今回は、このようなご質問にお答えさせていただきます。

 

Q:どのような方に効果を感じていただきやすいか?

A:

●ご年齢が高いほど効き方が良い→35歳くらい以上がいいです。60代、70代などご年齢が上がるにつれ、年齢が戻れるといったような商品はないので喜ばれております。

●見た目がご年齢以上にお肌のエイジングがすすんでいる人(体内のストレス過多、ご病気、虚弱、紫外線を多量にあびている・・・など)

 

Q:実感の仕方に傾向はあるの?

A:活性酸素の被害を受けやすい状況や部位は個人によって違います。

ですので、飲むことにより、その人にとって「一番弱いところ」、「活性酸素の被害が出やすいところ」に良い変化を感じることが多いようです。

実感の声が多い(わかりやすい)のは、「お肌の復活」と「疲れやすさの軽減」です。

しかし、そのほかのところには効かないということではなく、長い時間をかければ徐々にご実感いただけるでしょう。(個人差がございます)

ただ訴求として、下図の中でがん関連の訴求は一発で薬事法アウトですのでお触れにならないようお願いします。

 

f:id:sukoyka-kanpo:20170207021532j:plain